【活動支援・顕彰】平成31年度「男女共同参画・少子化関連顕彰事業」募集のお知らせ

申込期限:2019年9月30日(月)(必着)

趣旨:
男女共同参画社会の推進及び少子化対策が、わが国の健全なる発展において極めて重要な礎になるとの認識に鑑み、若手研究者等の研究・活動の一層の推進を目指すことを旨とします。

顕彰対象者:
この顕彰の対象者は原則、満45歳未満の研究者、学生、または満45歳未満の方を中心としたグループ、研究団体であり(理事長等が45歳以上の場合も、中心メンバーが満45歳未満であれば可)、ジェンダー研究、子育て支援活動など、男女共同参画社会の推進または少子化対策について、以下の部門ごとに定められた要件を満たした個人または団体となります。ただし、既に他に同種の顕彰を受賞した個人または団体は除きます。
(1) 論文部門
概ね2018年1月以降に完成させた男女共同参画社会の推進または少子化対策に関する研究論文および「別紙1論文部門応募用紙」を提出した者
(2) 活動部門
男女共同参画社会の推進または少子化対策に資する活動を過去から継続的に行っており、かつ、概ね平成30年1月以降に実施した活動状況について「別紙2活動部門応募用紙」および事業報告書、パンフレット等、活動状況把握の参考となる資料を提出した者

顕彰金の額、並びに顕彰件数:
原則、1件につき上限50万円、10名(または団体)程度を目途とします。

応募用紙などの詳細は、下記ページにてご確認ください。
https://hodogaya-foundation.or.jp/equality/req/
※別ウィンドウかタブで開きます
(公益社団法人程ヶ谷基金のページへ)