私たちの目指す社会

誰ひとり取り残さない Leave No One Behind
最も遠くに取り残されている人々にこそ第一に手が届く Put the last First
三側面(環境・社会・経済)が調和され包摂されている

世界は今、これまでにないスピードと規模で人口増加、環境の汚染、生物種の絶滅、気候変動、さらには技術革新や途上国の経済拡大の最中にいます。私たちは、現在の危機を脱し、真に持続可能な社会を築くため、様々なアプローチを用いて行動し地域の市町村、行政から政府、企業など、あらゆるレベルでの協働・連携を推進し、解決方法を求め社会全体をより健全で持続可能な社会へ向けて取り組んでいく必要があります。

2015年9月に国連で合意されたSDGsは貧困を撲滅し、持続可能な世界を実現するために17のゴールと169のターゲットを掲げ、2030年を目標にしています。17のSDGs目標と自然資本には、スクデフ&ロックストロム研究所がまとめたとおり、以下の図のような構造があります。自然資本は全体のゴール達成にも不可欠です。そうした自然資本を守り、それらを損なうことなく、持続的に利用できるような社会づくりに取り組むことで、※「Human Well-being」が実現します。

2015年9月、国連本部で開催された「国連持続可能な開発サミット」において、193の加盟国の全会一致で「持続可能な開発のための2030アアジェンダ」が採択され、SDgs(持続可能な開発目標、Sustainable Development Goals、エス・ディージーズ)が掲げられました。

SDGsは、持続可能な社会をつくることを目指し、世界が抱える問題を17の目標と、169のターゲットに整理したものです。17の目標には貧困問題、気候変動や資源エネルギー、都市問題、地域間・国内格差など、2030年までの達成に向けて、世界が一致して取り組むべきビジョンと課題が網羅されています。

SDGsはm途上国も先進国も含めた世界中の一人ひとりに関わる取り組みです。今やSDGsのかけ声となった”Leve no one behind”(誰一人取り残さない)という言葉に、その理念が凝縮されています。

①「つづかない」世界を「つづく」世界に「変革」するための目標
②「貧困のない」「持続可能な」世界を目指した目標
③日本を含む先進国も対象となっている目標

「自然界からの資源や生態系から得られる便益を適切に保全・活用しつつ、経済成長と環境を両立することで、人類の福祉を改善しながら、持続可能な成長を推進する経済システム」
(リオ+20成果文書”The Future We Want”)

持続可能な開発目標とは・・・

人々が地球環境や気候変動に配慮しながら、持続可能な暮らしをするために取り組むための、世界共通の行動目標。

持続可能な開発」とは・・・

1987年、国連の「環境と開発に関する世界委員会」が発表した報告書の中で定めた「将来世代のニーズを損なうこと無く、現在のニーズを満たすこと」のことをいいます。


資料提供
一般社団法人コンサベーション・インターナショナル・ジャパン バイスプレジデント兼CIジャパン代表理事 日比保史
一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク
作成/編集 郡山市市民活動サポートセンター