みんなの市民活動交流フェスタ2017特別講演会
「高校生が伝えるふくしま食べる通信」
プロジェクトの始まりから、現在、これからのこと

開催日:10月14日(土)10:50~12:30

会 場:ミューカルがくと館 1階大ホール

講 師:椎根 里奈(しいね りな)氏

※みんなの市民活動交流フェスタ2017会場での実施です。

今年のフェスタ特別講演会は、対象者として
① 高校生の皆さん
② 市民活動団体の理事をされている方や広報に携わる方に「表現方法」の参考となるヒントがいっぱい
③ 地域で創業・起業を検討している方など「事業の組み立て方」の参考がいっぱい

それぞれの立場から、楽しんでもらえる講演会となるように実施いたします。

【ふくしま食べる通信とは?】

①高校生が伝えるふくしま食べる通信(こうふく通信)は、「福島の高校生が発信する食材付きの情報誌」です。
②定期購読で年4回、1号2,500円で福島の生産者の想いを、旬の農作物付でお届けするものです。
③高校生が伝えるふくしまを食べる通信という名のとおり、高校生で編集部を構成し、取材・原稿執筆など情報誌の発行を通した事業実践の場にもなっています。

【購入者希望者へのアプローチ】
● 読んで、食べて、福島の高校生の成長を応援
● こだわりの生産者のストーリーと、食べ物をセットでお届け
● 年4回の定期購読サービス
●定期購読者には3ヶ月に1回、「情報誌と旬の農作物」がセットで届きます。

現在でも福島の大きな課題となっている「風評払拭」や様々な視点において大変興味深い事業となっています。
この講演会から、参加者の皆様の活動や事業の「ヒント」になれば幸いです。

高校生が伝えるふくしま食べる通信公式フェィスブックページ
https://www.facebook.com/koufuku.taberu/
※別ウィンドウかタブで開きます

「高校生が伝えるふくしま食べる通信」プロジェクトの始まりから、現在、これからのこと
特別講演会チラシ(表・裏)(PDF 1.2MB)
※別ウィンドウで開きます