【助成金】平成30年度福島県 赤い羽根共同募金〔地域課題解決型募金〕参加団体募集のお知らせ


募集期間:2012年5月1日(火)~2018年5月28日(月)

従来の共同募金は、地域福祉の推進を図るため、寄付者が募金を配分する団体や事業を指定せずに寄付を行い、共同募金会が計画に基づき配分を行うものでした。
地域課題解決型募金は、特定の地域福祉課題を解決するため、寄付者がエントリー団体の中から共感する団体を選んで寄付を行い、共同募金会がその団体に配分を行うものです。エントリー団体は、自ら募金活動を行うことにより、共同募金の仕組みを活用して県民の皆さんに課題解決への協力を訴えることができます。


応募条件

県内で地域福祉課題の解決に取り組む活動を行うボランティアグループ、特定非営利活動法人(NPO)等の非営利団体で、次の要件をすべて満たしていること。
①課題解決の必要性を広く県民に訴え、共同募金の一環として募金の呼びかけができること。
②団体の運営が、自主性、非営利、公開を原則としていること。
自主性:特定の企業、政党、宗教団体等から独立している。
非営利:その活動・事業から生じる利益を会員等に分配しない。
公開:活動の内容や財務の状況を公にできる。
③会則(運営要綱、規約、定款)、事業報告書・決算書、事業計画書・予算書等が整備されていること。
④団体名義の金融機関預金口座を開設していること。
⑤活動・事業に要する資金の確保に困難をきたしていること。

公募団体数
公募により、団体の運営状況、活動内容、募金活動計画等を勘案して5団体程度を選定します。

活動内容

配分対象とする活動分野は、地域福祉の分野及び他分野との境界分野とし、公的制度だけでは解決できない様々な課題に取り組む活動とします。
(例)
地域から孤立をなくすことを目的とした活動
ニート、ひきこもりの支援
子どもの貧困(子ども食堂、学習支援)
子どもの居場所づくり
長期入院中の児童及び家族の支援
発達障害児(者)の支援
家庭内暴力の被害者支援
薬物依存症からの回復支援
など

募集チラシ(PDF 231KB)
※別ウィンドウかタブで開きます

応募要項・用紙などは下記ページにてご確認ください。
http://www.akaihane-fukushima.or.jp/jyosei_h30-04.html
※別ウィンドウかタブで開きます
(社会福祉法人福島県共同募金会のページへ)