【助成金】2018年度(第16回)ドコモ市民活動団体助成事業募集のお知らせ


応募期間:2018年2月26日(月)~3月31日(土)必着

活動テーマ1:子どもの健全な育成を支援(1団体当たり上限70万円)

    1.不登校・ひきこもりの子どもや保護者に対する精神的・物理的な支援、復学・社会的自立支援活動(フリースクール、カウンセリングなど)
    2.児童虐待やドメスティック・バイオレンス(DV)、性暴力などの被害児童・生徒や社会的養護を必要とする子どもの支援、及び虐待防止啓発活動
    3.非行や犯罪から子どもを守り、立ち直りを支援する活動
    4.子どもの居場所づくり(安心・安全な居場所の提供、子どもの不安や悩みに対する相談活動など)
    5.障がい(身体障がい・発達障がいなど)のある子どもや難病の子どもの支援活動(療育活動、保護者のピアサポート活動など)
    6.経済的困難を抱える家庭の子どもを支援する活動(学習支援、生活支援など)
    7.マイノリティ(外国にルーツを持つ、LGBTなど)の子どもを支援する活動
    8.地震・台風などの自然災害で被災した子どもを支援する活動
    9.上記1~8以外で「子どもの健全な育成」を目的とした活動

活動テーマ2:経済的困難を抱える子どもを支援(1団体当たり上限100万円)

    1.学習支援活動:放課後サポート、訪問学習支援、学習能力に合わせた個別ケア 等
    2.生活支援活動:子育てサロン、子ども食堂、ひとり親家庭料理教室、フードバンク、居場所の提供 等
    3.就労支援活動:職業体験、社会的養護退所者の就労支援 等
    4.上記1~3以外で「経済的困難を抱える子どもの支援」を目的とした活動

応募資格:

1.日本国内に活動拠点を有する民間の非営利活動団体でNPO法人などの法人格を有するもの、または取得申請中の団体で6月末までに法人登記が完了見込みの団体。
なお、活動実績が2年以上であること(法人格を有する以前の活動実績を含みます)。
2.複数の団体が連携した協働事業の場合は、代表申請団体が上記 1 の要件を満たしていることを条件とします。
3.任意団体については、5 人以上のメンバーで構成され、かつ2年以上の活動実績があり、活動状況についてホームぺージ、SNS(フェイスブック等)による定期的な情報発信を行っている団体。また、会則、規約又はそれに相当する文書を有し、適正な事業計画書、予算・決算書が整備されており、応募団体が活動する地域の中間支援組織(NPO支援センターなど活動支援団体)からの推薦があることを条件とします。
4.助成期間中の活動状況について、ホームぺージ、SNS(フェイスブック等)による定期的な情報発信やMCFからの所定の活動報告依頼に了承いただける団体。

募集チラシ(PDF 406KB)
※別ウィンドウかタブで開きます

応募方法:
ダウンロードした申請書に必要事項を記入・押印のうえ、MCF事務局宛てに、簡易書留、宅配便など必ず配達記録が残る手段で送付してください。
あわせて、申請書の電子ファイル(Word版・押印不要)を添付してEメールにて送信してください。

申請書など詳しくは、下記ページにてご確認ください。
http://www.mcfund.or.jp/jyosei/group/2018-no16-requirements.html
※別ウィンドウで表示されます
(NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)事務局のページへ)